一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報EU 日本サステナブルファイナンス ウェビナー 「日本・EUにおけるサステナブルファイナンス政策の展開 金融機関や事業会社にとっての意味合い」

EU 日本サステナブルファイナンス ウェビナー 「日本・EUにおけるサステナブルファイナンス政策の展開 金融機関や事業会社にとっての意味合い」

【カテゴリ】 地球環境 その他(地球環境)

【開催日】2021.09.16

【開催地】全国


このたびIGESでは下記公開イベントを開催いたします。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2021年9月16日(木) 16:00 - 18:30
日本・EUにおけるサステナブルファイナンス政策の展開 金融機関や事業会社にとっての意味合い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サステナブルファイナンス政策に関しては、今年もEUならびに日本において重要な進展が見られました。
欧州委員会(EC)は、2021年4月、持続可能な資金調達に関する包括的な政策パッケージの一環として、
EUタクソノミー委託法令、企業サステナビリティ報告指令(CSRD)改訂案などを採択、2021年7月には、
新たなサステナブル・ファイナンス戦略を発表しました。
日本では、2021年5月、経済産業省・金融庁・環境庁が合同で「クライメート・トランジション・ファイナンスに関する基本指針」を発表、
2021年6月には、サステナブルファイナンスに関する有識者会議が、サステナブルファイナンスのさらなる推進において
今後必要とされる政策や取り組みなどについて整理した最終報告書を発表しました。

本ウェビナーでは、こうした政策動向が日本ならびにEUの金融機関や事業会社にもたらす実務上の意味合いについて議論します。
 - これら政策の導入の結果として見られる変化や課題は何か
 - 金融機関は、サステナビリティリスクに関する情報開示をどのように実施するのか
 - 低炭素へ向けたトランジション、そしてネット・ゼロに到達するためのコストは何か


本ウェビナーでは、日本ならびにEUの政策関係者、金融機関、機関投資家を含む主要な関係者が集まり、サステナブルな投資を推進し、
サステナブルな成果をもたらす商品やサービスに対する需要を広げるためのさらなる取り組みと協力について議論を深めます。

■日 時:2021年9月16日(木)16:00 - 18:30
■場 所:オンライン
■参加費:無料
■主 催:駐日欧州連合代表部
■言 語: 日本語・英語 ※同時通訳付き
■参加申込・詳 細: https://www.iges.or.jp/jp/events/20210916

【登録日】2021.09.13

[財団法人 地球環境戦略研究機関]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2021.09.13

【登録者】地球環境戦略研究機関