一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報気候変動対策を巡る国際動向と日本企業の対応策

気候変動対策を巡る国際動向と日本企業の対応策

【カテゴリ】 地球環境 その他(地球環境)

【開催日】2021.07.13

【開催地】東京都


■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

【講師】
(株)三井物産戦略研究所 国際情報部
シニア研究フェロー
本郷 尚(ほんごう たかし) 氏

【重点講義内容】
ネットゼロ宣言は国でも企業でも当たり前になりつつある。
大きな転機となったのは米国の政権交代である。主要国の戦略、シナリオ、課題を概観し、11月のCOP26(英国・グラスゴー)を展望する。また、企業による特徴的なネットゼロの取り組みを概観し、スコープ3排出など課題を考える。併せて注目されているオフセットクレジット活用についても国際的な議論を紹介する。様々な取り組みがあるなか、それがどのような政策効果を発揮し、日本の産業競争にどのような影響を及ぼすのか。
文科省、環境省、NEDO等の各種委員に多数参加する専門家が詳説する。

1.主要国の動向と国際交渉
(1)米国
(2)中国
(3)EU・英国
(4)COP26展望

2.エネルギ-シナリオ
(1)ネットゼロシナリオ 〜 シナリオは多様
(2)技術イノベーションと課題 〜 バリューチェーンとインフラ

3.ネットゼロを巡る産業の動向
(1)ネットゼロ宣言の現状と実務的課題
(2)オフセット活用とその課題 〜 注目のボランタリーオフセット

4.日本の政策とカーボンプライシング

5.質疑応答/名刺交換

【講師プロフィール】
本郷 尚(ほんごう たかし) 氏
2011年から三井物産戦略研究所。1981年日本輸出入銀行(現国際協力銀行)入行。特命審議役環境ビジネス支援室担当などを歴任。旧経済企画庁、旧日本興業銀行に出向。
国際排出量取引協会理事、ICAO CORSIAタスクフォース、ISO TC207(Carbon Neutrality)、ISO TC265(CCS)、TSVCMメンバーなどに参加。文部科学省・環境エネルギー科学技術委員会、環境省・CO2削減事業検証評価委員会、NEDO技術委員、各種委員会・研究会などに多数参加。
日経産業新聞Earth新潮流にコラム連載(2010年〜)
獨協大学経済学部非常勤講師

【登録日】2021.05.21

登録者情報

【登録日】 2021.05.21

【登録者】新社会システム総合研究所

この情報の修正・削除