一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報EDE(エコビレッジ・デザイン・エデュケーション)@木の花ファミリー

EDE(エコビレッジ・デザイン・エデュケーション)@木の花ファミリー

【カテゴリ】 環境一般 市民活動

【開催日】2013.02.17 〜2013.03.19

【開催地】静岡県


【募集期間】| 2012.09.01〜2013.02.10
☆∴‥∵:・.* ☆∴‥∵:・.* ☆∴‥∵:・.* ☆∴‥∵:・.*☆
この星の未来をつくる暮らしの学び
『 エコビレッジ・デザイン・エデュケーション 』(EDE)
  in 木の花ファミリー
       http://ede.konohana-family.org/
      2013年2月17日 (日) 〜 3月19日 (火)
☆∴‥∵:・.* ☆∴‥∵:・.* ☆∴‥∵:・.* ☆∴‥∵:・.*☆


EDEは、国連の「持続可能な開発のための教育の10年」から支援を受けている
次世代の地球の暮らし方を学ぶプログラムです。
世界中で新たなライフスタイルへの転換が模索される中、
EDEへの注目は年々高まり、これまでに35カ国にて開催されてきました。
今年1月には、実際のエコビレッジに1ヶ月間滞在する体験型プログラムとしては
日本初の「EDE in 木の花ファミリー」が開催され、受講生からは
「持続可能な社会創りを目指すなら必ず受けるべきプログラム!」
と高い評価をいただきました。
本プログラムは、人と人が支え合い、互いを活かし合いながら、
環境負荷の少ない暮らしを楽しく実践しているエコビレッジでの生活を実際に体験し、
座学に留まらない実践的な学びを得られることが大きな特徴です。

下記サイトより、
2012年度の講義内容や受講生の感想などをご覧いただけます。
 http://ede.konohana-family.org/category/traineeblog/

1ヶ月間の滞在中に強い絆で結ばれた受講生たちは、
現在も各地でそれぞれに活動を行いながら、盛んな交流を続けています。

多くの受講生にとって人生の転機となったEDE in 木の花ファミリー。
2013年度は、さらに進化した内容でお届けします!


∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
★2013年度EDEでは、東北大震災被災地の新たなスタートを願い、
被災者の受講費を全額免除するための寄付を募ることを検討しています。
対象は、福島・宮城・岩手の3県に実際にお住まいの方とさせて頂きます。
受講を希望される方は、どうぞご相談ください。
(担当:池谷・中野)
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵



以下、詳細です。


■ 日 程
2013年2月17日 (日) 〜 3月19日 (火) / 30日間


■ 会 場
「木の花ファミリー」
〒419-0302 静岡県富士宮市猫沢238-1
*JR 身延線・富士宮駅から車で15 分(送迎あり)
*東京駅→富士宮駅間は直通の高速バスも運行されています
【アクセス】http://www.konohana-family.org/way/way.html


■ 定 員
15名(先着順)
*お早めにお申し込みください!


■ 対 象
・持続可能な暮らしを実践したい人
・地域おこしやまちづくりに取り組みたい人
・災害からの復興に取り組んでいる人
・起業を通して社会貢献したい人
・持続可能な社会づくりを目指す教育関係者
☆その他、2012年度受講生からは
以下のような人にお勧めしたいとの声がありました。
・自分探しをしている人
・心身のケアやカウンセリングに興味のある人
・未来に不安を感じている人
・この星を愛する人すべて


■ 内容
EDEは次の4科目から構成されています。

◎環境
私たちの暮らしを生態系と調和したものに変えるための技術と方法論を学び、
コミュニティ全体をソフトとハードの両面から持続可能な形にデザインしていく
力を身に付けます。
「エコ建築とその改修」「持続可能な食の生産」「自然再生と災害復興」他。

◎経済
貧困や環境破壊を生み出している今のグローバル経済の仕組みと限界を知り、
エコロジーと友愛の思想をベースにした「幸せの経済」へと転換する方法や、
健全なコミュニティを運営していくための経済活動などについて学びます。
「社会的企業とコミュニティビジネス」「制度面と資金面の問題」他。

◎社会(人間関係)
組織やコミュニティの中で、対立を乗り越え互いの個性を尊重し合いながら、
信頼にあふれた人間関係を築くためのスキルを身に付けます。
調和したコミュニティを創り上げる方法を生活体験を通して学びます。
「円滑なコミュニケーション」「合意形成とファシリテーション」他。

◎世界観
他の3科目すべての土台となる精神性と意識について探求します。
また、コミュニティにおいてどのように優れた芸術や文化を生み出して
いくかを学びます。
「気付きと意識の転換」「創造性と芸術」「宇宙意識と地球暦」他。

※カリキュラムはこちらから無料ダウンロードできます。
 http://www.gaiaeducation.org/docs/EDEJapanese.pdf


■ 講師 / ファシリテーター
木の花ファミリーメンバーが主に講師及びファシリテーターを務めます。

◎メイン講師
・古橋 道代(グローバル・エコビレッジ・ネットワーク理事・日本大使)
・古田 偉佐美(木の花ファミリー創設者、自然療法・心のケア担当)
・嵯峨 美雅子(食養生・地球暦ナビゲーター、アーティスト)
・内田 達也(木の花ファミリー 畑作担当)
・北尾 郷子(木の花ファミリー 育苗担当)

◎ゲスト講師
・石綿 薫(財団法人 自然農法国際研究開発センター 研究員)
http://konohana-family.us5.list-manage1.com/track/click?u=9cb7b0d194ec0ad804f5453ed&id=b8e34e5ca9&e=ab58c90d07
・中園順子(トランジション・ジャパン)
http://konohana-family.us5.list-manage.com/track/click?u=9cb7b0d194ec0ad804f5453ed&id=c49f0c3d2b&e=ab58c90d07
・杉山 開知(地球暦研究家)
http://konohana-family.us5.list-manage.com/track/click?u=9cb7b0d194ec0ad804f5453ed&id=d7835d2fca&e=ab58c90d07

☆その他数名を予定。どうぞご期待ください!


■ 参 加 費
収入に応じて参加費が異なります(自己申告制)
@ 年収 400 万円以上 22 万円
A 年収 200 万円以上 20 万円
B 年収 200 万円未満 18 万円

*参加費には、受講料、宿泊費、そして無農薬有機栽培の食材を使った
木の花ファミリー自慢のお食事が含まれます。
*部分参加のお申し込みは受付しておりません。
*全プログラムの90%以上参加された方に、
ガイア・エデュケーションより修了証書が発行されます。
*分割払いも可能です。ご希望の方はお問い合わせください。
*ご入金を持って正式な参加受付と致します。
*ご入金後の払い戻しについては応じ兼ねます。


■ お問合せ ・お申し込み
NPO法人ぐりーんぐらす(担当:池谷・中野)
  E-mail: ede@konohana-family.org
  TEL:0544-66-0250 / FAX:0544-66-0810
*下記のEDE in 木の花ファミリー公式ホームページからも
お申し込みいただけます。
 http://ede.konohana-family.org/app/

◎ 主 催 : NPO法人 ぐりーんぐらす
◎ 共 催 : 木の花ファミリー
◎ 後 援 : ガイア・エデュケーション
  グローバル・エコビレッジ・ネットワーク(GEN)
本プログラムは、エコビレッジ教育者の国際組織「ガイア・ エデュケーション」より、
正式なEDEプログラムとして認証されています。http://www.gaiaeducation.org/



★ 木の花ファミリー って?
 http://www.konohana-family.org/
富士の麓の農的エコビレッジ。
82 名(2012 年8 月現在)のメンバーが、血縁を超えた大家族として暮らしています。
1994 年、静岡県富士宮市にて「木の花農園」として設立。
以来18 年間にわたり、無農薬有機農業での自給自足生活を続けてきました。
メンバーは、田んぼや畑仕事の他、子育てや料理、IT業務、地域の便利屋、音楽活動など、
それぞれの得意分野に応じて働き、収入を平等に分かち合っています。
250 種類の野菜やお米を栽培し近隣及び全国に直販する一方で、
うつ病などの心の病を持つ人を受け入れる「自然療法プログラム」を提供し、
多くの人の社会復帰をサポート。
またEM(有用微生物群)の活用や、玄米菜食による健康な食生活の実践などの
様々な工夫を通して、日本人平均の3分の1の環境負荷(エコロジカル・フットプリント)の
暮らしを実現しています。 *OurWorld2.0 http://konohana-family.us5.list-manage.com/track/click?u=9cb7b0d194ec0ad804f5453ed&id=f450e3de90&e=ab58c90d07

【登録日】2012.09.11

[NPO法人 ぐりーんぐらす]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2012.09.11

【登録者】ぐりーんぐらす