一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報【京都市】ごみ減 市民公募型パートナーシップ事業 助成事業 募集

【京都市】ごみ減 市民公募型パートナーシップ事業 助成事業 募集

【カテゴリ】 環境一般 市民活動

【開催日】2012.05.01 〜2012.05.30

【開催地】京都府


【募集期間】| 2012.05.01〜2012.05.30
〜循環型社会の実現に向けた取組に対する助成事業〜
京都市ごみ減量推進会議では,ごみ減量(特に2R―リデュース,リユース)やリサイクルに関する企画及び取組を市民団体から公募し,循環型社会の実現に資する事業に対して助成しています。この度,下記のとおり平成24年度の募集を実施しますのでお知らせします。
当会議は,ごみを減らし,環境を大切にしたまちづくりの実現を目的として,市民・事業者・行政のパートナーシップのもと,平成8年度に設立された組織です。地域におけるごみ減量活動の支援や買い物袋持参キャンペーン,商店街でのごみ減量の取組など幅広い活動を行っています。

■1 助成対象事業
(1)ごみ減量につながり,循環型社会の実現に資する事業であること。
(2)助成決定の日(平成24年6月下旬から7月上旬を予定)から平成25年3月15日の
   間に実施,完結するもの。
   なお,事業終了後の完了届の最終提出締切は平成25年3月末日になります。
(3)事業形態は特に定めませんが,助成終了後も継続的な事業の推進を前提とし,具体的な
   事業実施を伴うものとします(調査のみを目的にする事業は対象外)。
 *他の助成を受ける事業は対象外となります。

■2 助成対象団体
助成の対象となる市民団体は,次の各号に掲げている用件をすべて満たしていること。
(1) 本事業の趣旨を理解した市民団体(法人格の有無は問わない)であること。
(2) 規則や会則があり,運営が自主的,民主的に行われていること。
(3) 京都市内に活動拠点があり,京都市内を主な活動範囲としていること。
(4) 提案した事業を実施する体制があること。
(5) 団体以外の市民の協力,参加が得られること。

■3 助成対象となる経費
助成対象となる経費は,事業に要する直接経費のうち,報告書・パンフレットの印刷,物品・機器・消耗品の購入,機材のレンタル,会場使用料,郵送費用,打ち合わせ等に要する経費とします。
また,会議でのお茶代は対象としますが,団体の運営費,会員の人件費や飲食費については対象外とします。機器の購入については,当該事業の実施に必要なものであり,かつ汎用的な機器(パソコン等)でないものに限ります。

■4 助成件数及び助成額
1事業当たり50万円を上限とし,予算の範囲内で事業を採択します。
(50万円以下であれば,少額でも応募いただけます。)

その他,詳細は募集詳細をご覧ください。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/gomigen/pdf/24partnership_bosyuu.pdf

【登録日】2012.05.11

[任意団体 京都市ごみ減量推進会議]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2012.05.11

【登録者】京都市ごみ減量推進会議