一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報第2回フォーラム『仙台湾/海岸エコトーンの復興を考える』

第2回フォーラム『仙台湾/海岸エコトーンの復興を考える』

【カテゴリ】 環境一般 調査/研究

【開催日】2011.01.21

【開催地】宮城県


―2011年南蒲生/砂浜海岸エコトーン調査報告、そしてこれから―

・・・開催要項・・・

1,開催趣旨

私たちの心が真っ白になってしまった2011年3月11日.そして, 新たなふるさとの再生・創出を信じて, 手探りで活動を続けてきた10か月 ・・・・・ 巨大津波に洗われた仙台湾岸の砂浜海岸域は, 肌寒い春から大雨・猛暑の夏, 台風に見舞われた秋をへて, どのように変化したのでしょう?
  このフォーラムでは, 仙台市宮城野区新浜「南蒲生/砂浜海岸エコトーンモニタリングサイト」で観察された生き物の損傷と再生の様子を, この「海と陸,河川が織りなす境界領域(海岸エコトーン)」特有の多様な土地環境(立地)の実態とともに紹介します.そして, この報告を踏まえて,‘生かされた’私たちが構築すべき「深い悲しみを二度と繰り返さないための復興」, 「地域の自然特性に順応した,持続可能なふるさと」とはどのようなものなのか, またその実現に向けてどういった取り組みが必要となるのか, 参集者一同で話し合い,アイデアや課題を共有したいと思います.市民, 行政・NPO関係者の方々はじめ,地域と復興を支える皆さんのご来場をお待ち申し上げております。

2,日時: 2012年1月21日(土):13:00〜16:30(開場12:30)
  
3,場所:東北学院大学 土桶キャンパス 8号館・押川記念ホール
     http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/campusmap/tsuchitoi.html
     (キャンパス内には駐車できません)

4,参加費:無料、事前申込不要

5,スケジュール
1.開催主旨説明
2.話題提供
  (1) 復興を支援する‘海岸エコトーン’の視座,そして仙台湾南蒲生
モニタリング
    平吹喜彦(東北学院大学・教養学部)
  (2) 仙台湾砂浜海岸エコトーンにおける大震災前後の微地形変化
    斎藤綾子((株)宮城環境保全研究所)
  (3) 南蒲生モニタリングサイトにおける植生多様性と巨大津波の影響
  菅野洋((株)宮城環境保全研究所)
  (4) 南蒲生モニタリングサイトにおける海岸林の現状
     −大規模攪乱からの再生可能性−
   富田瑞樹・鴇田朋允(東京情報大学・総合情報学部)
  (5) 巨大津波後の仙台湾砂浜海岸エコトーンの虫たちのゆくえ
 郷右近勝夫(東北学院大学・工学部)・五十嵐由里
     斎藤勝雄・高橋雄一 (宮城昆虫地理研究会)
  (6) 巨大津波が海岸林の鳥類相に与えた影響
     杉野目斉(日本鳥類標識協会)
  (7) 巨大津波による海岸林の破壊と襲来波高の関係,
そして復興計画へ
    宮城豊彦・森谷綾香(東北学院大学・教養学部)
  (8) 南蒲生モニタリングサイトから砂浜海岸エコトーンの景観再生へ
    原慶太郎(東京情報大学・総合情報学部)
3.意見交換
4.総括

6,主催
「フォーラム 仙台湾/海岸エコトーンの復興を考える」実行委員会,
東北学院大学, 東京情報大学」
後援:日本景観生態学会,自然環境復元学会・協会,
    東北学院大学災害ボランティアステーション

7,アクセス
土樋キャンパスは,「JR仙台駅」から徒歩20分,「地下鉄 五橋駅または愛宕橋駅」
から徒歩5分,「バス停 仙台市立病院」から徒歩5分.キャンパス内に駐車できません.

8,問い合わせ先
東北学院大学 平吹喜彦 E-mail: yhira@izcc.tohoku-gakuin.ac.jp
東京情報大学 富田瑞樹 E-mail: tomita@rsch.tuis.ac.jp Tel・Fax: 043-236-1290

【登録日】2011.12.29

[NPO法人 認定NPO法人自然環境復元協会]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2011.12.29

【登録者】自然環境復元協会