一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

イベント情報「農と食の未来構想」

「農と食の未来構想」

【カテゴリ】 地球環境 地球温暖化

【開催日】2009.10.09

【開催地】東京都


第91回 未来構想フォーラム
『 日本の未来構想: 農と食 」
日本の農業は、ここ40年間で農家は285万戸に半減、65歳以上の農業者5倍増の57%、農業総産出高8兆円に満たない農業に国や地方は毎年4兆円を投入している。総農家の42%を占める0.5Ha未満の小農家はすべて赤字で農業所得は時給マイナス100円である。
危機に立つ日本農業を新たな視点(国際的、文明史的、学際的)から取り組みます。発題される方々はいずれも日本農業と食の未来にユニークな道を開拓されている方々です。

と き : 2009年10月9日(金) 18:10〜21:00
ところ: 東京都労政会館 Tel:070-5464-3614 
          東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティー大崎 ウェストタワー2階 
     Tel : 03-3462-2511  アクセス : JR大崎駅南口駅下車3分 先着50名様
田中農場のうまいものを進呈!
会費: 一般:2千 円、 NGO・NPO事務局スタッフ:1.5 千円 学生:1千円
【発題】 「農地の利用の仕方」 田中 正保 氏 (有) 田中農場 代表

1951年鳥取県生、県立倉吉農業高等学校卒業、1970年埼玉種畜牧場研修,1971年自営農業,1980年田中農場設立2006年毎日新聞社主催 全国農業コンクール名誉賞受賞, 2009年9月24日,日本経済新聞主催「日本の食と農」シンポジュームで経済界、学術界の代表者等600人を前に日本農業の有り方を提言。氏の農業経営は先見の明があると各界から注目されている。

現在: 挙c中農場 代表として94haの農場を経営。主な作物:米,豆類,白ねぎ全国うまいもの会 代表
パネル・ディスカッション:「農と食の未来構想」 コーディネーター: 山元雅信氏 山元学校 学長
早稲田大学政経学部卒,元日立造船(北欧駐在),外資系企業(国際産業見本市立上げ),  セガ(サードパーティ、北米事業部)などを経て独立。現在:植林,バイオディーゼル事業に携わる傍ら,各種NPO・NGO活動に参画。国際 ビジネスコンサルタント。毎月,各国大使,各界のキーパーソンを招き山元学校開催(12年間)。「東アジア学生フォーラム」 など学生団体の立上げを手伝う。昨年「農」をテーマに全国を取材。

★産官学を結ぶ環境新聞「ブルーアース」発行。★環境のポータルサイトをめざす「環境日本.com」★NPOソーラークッカージャパン ★アースバンド研究所創立、
【 コ メ ン ト 】: 「食の未来構想」 美上 よし子 氏 マクロ ビオティック コンサルタント

・ 98年―02年ボストンのクシハウスに滞在。欧米のマクロビオティックを研修,帰国後新潟県見附市
健康福祉課主催マクロビオティック食体験講座講師
・ オランダ・クシインスティテュート・マクロビオティック・サマーカンファランス講師,マレーシア
:マクロビオティック・インターナショナルカンファランス講師  
・ 日本CI協会ゲスト講師 商品開発、レストラン運営協力、メニュー開発、講演会他
自宅でマクロビオティックを指導。及びマクロビオティック・クッキングを行う。
著作:「玄米レシピー、スープレシピー」(ママンテラス) 「マクロビオティックハンドブック」(ビーグッド    カフェ) 「体の中からきれいになるマクロビオティック」(池田書店)
 
主 催:NPO法人 未来構想戦略フォーラム(JFFSI)  協 賛:地球市民機構
連絡先: Tel & Fax:0422-26-9155 〒180-0004 武蔵野市吉祥寺本町1−28−3−209
     E-mail: e.mirai123@gmail.com URL: http://www.miraikoso.org

【登録日】2009.11.06

[NPO法人 未来構想戦略フォーラム]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2009.11.06

【登録者】未来構想戦略フォーラム