一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報メディカル・バイオテクノロジーとナノメディシンにおける近年の進歩

メディカル・バイオテクノロジーとナノメディシンにおける近年の進歩

【カテゴリ】 健康・化学物質 その他(健康・化学物質)

【開催日】2008.10.29

【開催地】神奈川県


メディカル・バイオテクノロジーとナノメディシンにおける近年の進歩
アルバート・サッソン


2008年10月29日(水)10:30-12:30 国際連合大学高等研究所(横浜)

プログラム
10:30-10:40am 開会挨拶 A.H. ザクリ, 国際連合大学所長
10:40-11:10 ブック・プレゼンテーション アルバート・サッソン, 国際連合大学上席客員教授
11:10-11:30 コメント 渡邉和男, 筑波大学遺伝子実験センター教授
11:30-11:50 コメント 新井賢一, 東京大学医科学研究所分子生物学分子細胞制御研究部教授
11:50-12:00pm コメント デービット・リアリー, JSPS-UNU ポストドクトラル フェロー
12:00-12:30 質疑応答及びディスカッション(司会:デービット・リアリー)

背景
メディカル・バイオテクノロジーとナノメディシンにおける近年の進歩は、最先端バイオテクノロジーについての我々の知識において、また政策決定者やステークホルダー間での意識を高めるための高等研究所の尽力に対して、重要な貢献をもたらすものである。その目的は、メディカル・バイオテクノロジーの進歩に関する偉大な影響と展望を、世間に周知することである。この書籍は、2005年UNU PRESSより出版された医薬及び製薬バイオテクノロジーと、ナノメディシンについての書籍の内容を更新したものである。メディカル・バイオテクノロジーの生物学的基礎の簡単な説明や、現代のヘルスケアとメディカルリサーチの挑戦など、この書籍は、診断や遺伝子検査、ワクチン生産、慢性疾患やウィルス性疾患のコントロール、幹細胞や再生医療、遺伝子治療やナノメディシンにおける近年の進歩について紹介している。
国家や企業のケーススタディーの選択と同様に、医薬産業の挑戦と展望は、全製薬セクターの再構築における近年の動向とメディカルバイオテクノロジーの貢献とともに示されている。

場所:国連大学高等研究所(パシフィコ横浜 国際協力センター6階)
レジストレーション:参加無料。参加ご希望の方は、下記までご連絡下さい。
国連大学高等研究所受付 Tel: 045-221-2300 Email: reception@ias.unu.edu
詳細及びオンライン・レジストレーションは、www.ias.unu.edu/eventsをご覧下さい。

【登録日】2008.10.20

[国連機関 国際連合大学高等研究所]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2008.10.20

【登録者】国際連合大学高等研究所