一般財団法人環境イノベーション情報機構

イベント情報持続可能な開発のための教育(ESD)連続セミナー 第3回「持続可能な社会とは?〜愛媛とモザンビークのつながりから見えてくるもの〜」

持続可能な開発のための教育(ESD)連続セミナー 第3回「持続可能な社会とは?〜愛媛とモザンビークのつながりから見えてくるもの〜」

【カテゴリ】 環境一般 その他(環境一般)

【開催日】2008.09.27

【開催地】北海道


2005年より、国連・持続可能な開発のための教育の10年(ESDの10年)がスタートしています。
その一環として、道南函館にて、さまざまな切り口から「持続可能性」を考える全4回のセミナーを開催いたします。第1回目は、開発教育、国際理解教育をテーマに、セミナーとワークショップを組み合わせ、参加者と一緒に考える場を提供します。
全く別のテーマと思われる4つのセミナー、その共通のテーマを見つけたときにESDが少し身近なキーワードになるかもしれません。是非、ご参加ください。

 第1回目  「開発教育/国際理解教育から考えるESD」  
講師:大津和子氏 (北海道教育大学札幌校)
  1日目:平成20年7月12(土) 14:00〜18:00   
  2日目:平成20年7月13(日) 9:30〜13:00
【主催】財団法人北海道国際交流センター(HIF)、
     北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道)

*以下、共通
【場所】 北海道国際交流センター大会議室(北海道函館市元町14-1)
【参加対象】 一般市民20〜30名程度
【参加費】 無料
【お申込・お問い合わせ】
財団法人北海道国際交流センター(HIF)
   TEL: 0138-22-0770



  
 第2回目  「北海道洞爺湖サミットの報告と、世界と自分のつながりについて」  
  講師:星野智子氏 (地球環境パートナーシッププラザ(GEIC))
  平成20年8月9日(土)  14:00〜16:30
  *2回目は、地球環境基金の助成を受けた「G8サミットNG Oフォーラム環境ユニット」による講演です。
【主催】G8サミットNGOフォーラム環境ユニット、HIF  【協力】EPO北海道
 

 第3回目 「持続可能な社会とは?〜愛媛とモザンビークのつながりから見えてくるもの〜」  
  講師:竹内よし子氏 (えひめグローバルネットワーク)
  平成20年9月27日(土) 14:00〜16:30
【主催】HIF、EPO北海道
 

 第4回目  『「かつお節」を切り口にグローバリゼーションを考える』  
  講師:宮内 泰介氏 (北海道大学大学院文学研究科環境社会学)   
  平成20年11月15日(土) 14:00〜16:30
  【主催】HIF、EPO北海道

【登録日】2008.06.25

[環境学習・情報拠点 環境省北海道環境パートナーシップオフィス]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2008.06.25

【登録者】環境省北海道環境パートナーシップオフィス