一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 アマミヤマシギ

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

アマミヤマシギ

アマミヤマシギ   【英】Amami Woodcock  

解説

シギ科の鳥類。全長約40cmほど。全体は茶色で頭部の黒い横斑に特徴のある太ったシギである。日本の固有種で、分布域は奄美諸島と沖縄諸島のみであり、繁殖が確認されているのは奄美諸島のみである。

主に成熟した常緑広葉樹林に生息する。地上に営巣し、活動時間帯は主に夜間、地上でミミズなどを採食するといわれている。個体数に関するデータは乏しいが、1990年代になって激減していることが推察され、特に名瀬市や龍郷町ではほとんど見られなくなった。減少要因として、ネコやマングースなどの外来捕食者による捕食が指摘されている。種の保存法(1992)により、1993年に国内希少野生動植物種に指定されており、環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧IB類(EN)とされてきたが、その後の見直しを受け、2006年12月に公表された新レッドリストでは絶滅危惧II類(VU)とランクダウンしている。これは、森林植生の回復による生息環境の改善傾向という要因とともに、信頼のできるデータが多く集積されたという面が大きい。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト