一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 アマミデンダ

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

アマミデンダ

アマミデンダ  

解説

小型で常緑性のシダ。奄美大島の固有種で、渓流沿いの湿った岩上に生育するが、生育地は限られている。葉柄(葉と茎をつなぐ部分)は細く、長さ1-4cm。葉は線形や中の狭いとがった形で、長さ3-12cm、幅約1cm。

河岸の岩場に生育するため、上流や周辺の森林伐採、河川工事の影響を受けやすい。

2000年に「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律種の保存法、1992)」で「国内希少野生動植物種」に指定された。環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧IA類(CR)とされている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト