一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 エチゼンクラゲ

作成日 | 2009.10.14  更新日 | 2015.01.23

エチゼンクラゲ

エチゼンクラゲ   【英】Nomura's jellyfish / 【学名】Nemopilema nomurai  

解説

日本近海では最大のクラゲで、大きなもので傘の直径が2m、重さ150kgにもなる。東シナ海、黄海、渤海から日本海にかけて分布する。

近年、大量発生して主に日本海沿岸の漁場に流れつき、魚網を破るなど大被害を起こして注目を浴びるようになった。単に「巨大クラゲ」と呼ばれることもある。

分厚く歯ごたえのよい間充ゲル層を持つことから、古くから中華料理の食材として利用されてきた食用クラゲの1種でもある。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト