一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 バスケット方式

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

バスケット方式

バスケットホウシキ   【英】Basket Approach  [同義]バスケットアプローチ  バスケット・アプローチ 

解説

数種類ある温室効果ガスの総排出量を、係数を使って合算する方式で、京都議定書で用いられることになった方式。

京都議定書では6種類の温室効果ガス(CO2、CH4、N2O、HFC類・PFC類・SF6)について削減を図ることとなり、数値目標を定めたが、その排出量を算出するに際して、ガスごとの実際の排出重量ではなく、二酸化炭素以外のガスの排出量を地球温暖化係数(GWP)を使って二酸化炭素等価排出量で算出する。

アメリカが、対策の対費用効果を高めるとして強く主張。最終的には、各国が賛同する。基準年は1990年であるが、3種類の温室効果ガスに関しては国際的なデータが出揃う、1995年を基準年の実績値と読み替えることで、各国が合意。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト