一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 アルプス条約

作成日 | 2009.10.15  更新日 | 2015.01.23

アルプス条約

アルプスジョウヤク   【英】Convention on the Protection of the Alps  / Alpine Convention  

解説

アルプス地域にとって人間活動が脅威となることを危惧し、同地域の保全及び持続可能な開発の実現を目的として締結された枠組条約。締約国はアルプス周辺国(ドイツ、オーストリア、リヒテンシュタイン、スイス、フランス、モナコ、イタリア、スロベニア)であり、1991年に署名、1995年に発効した。

同枠組条約においては、環境保護・景観管理、山岳農業、持続可能な開発、森林、観光、エネルギー、土壌汚染、交通、紛争処理手続などに関する議定書が締結されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト