一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 オオトラツグミ

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

オオトラツグミ

オオトラツグミ   【英】Amami Thrush  

解説

ツグミ科の鳥類。日本産のツグミの仲間では最大で、全長約30cm。奄美諸島の奄美大島と加計呂麻島のみに分布する日本固有種。湿潤で成熟した常緑広葉樹林のみに生息する。生態に関する情報は乏しいが、樹上に営巣し、主に地上でミミズや果実などを採食する。

1994年から奄美野鳥の会が実施している「さえずり調査」からの推定によれば、奄美大島全域に生息する個体数は100羽前後ときわめて少ない。減少要因として、森林伐採や林道建設などによる生息地の分断と消失、ネコ、マングースクマネズミなどの外来捕食者の出現・増加、また在来の捕食者であるハシブトガラスの増加などが考えられる。1971年に天然記念物、1993年に国内希少野生動植物種にそれぞれ指定されている。環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧IA類(CR)とされてきたが、その後の見直しを受け、2006年12月に公表された新レッドリストでは絶滅危惧II類(VU)とランクダウンしている。これは、森林植生の回復による生息環境の改善傾向という要因とともに、信頼のできるデータが多く集積されたという面が大きい。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト