一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 名水百選

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.15

名水百選

メイスイヒャクセン   【英】Selected 100 Exquisite and Well-Conserved Waters  

解説

1985年に環境庁(当時)が選定した、全国各地の清澄な水。湧水河川の中から百ヵ所選んだ。

その目的は、全国各地に「名水」等として、古くから引き継がれているもの等が多く、今後ともその保全に努めていくことが重要であるため、全国に多くの形態で存在する清澄な水について、その再発見に努め、広く国民にそれらを紹介し、啓蒙普及を図ると共に、国民の水質保全への認識を深め、優良な水環境を積極的に保護し、今後の水質保全行政の進展に資するためである。

選定のための判定条件は、水質・水量、周辺環境(景観)、親水性の観点からみて、保全状況が良好なこと、地域住民等による保全活動があることを必須条件とし、この他規模、故事来歴、希少性、特異性、著名度等を勘案した。

なお河川(用水を含む)等については、対象水域の水質が良好であり、水に係る特別な行事等を有するなどの特徴があり、水質保全活動が特に優れていることとした。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト