一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 舗装(土壌汚染対策)

作成日 | 2003.12.03  更新日 | 2009.10.14

舗装(土壌汚染対策)

ホソウ(ドジョウオセンタイサク)  

解説

土壌汚染対策手法の一種で、直接摂取の観点からの措置。

コンクリート又はアスファルト、若しくはこれと同等以上の耐久性及び遮断の効力を有するものにより覆う措置。措置実施後の上部の利用用途によって破損しないような十分な強度を保つよう、必要に応じて覆いの厚さを増すことや路盤材により補強することが必要である。

なお、土壌汚染対策法(2002)に基づく土壌含有量基準に適合しない指定区域の土地において封じ込め措置(原位置、遮水工、遮断工)を行い、その上面を本措置と同等の効力を有するものにより覆う場合も、舗装措置として位置づけられる。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト