一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 排ガス再循環

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

排ガス再循環

ハイガスサイジュンカン   【英】Exhaust Gas Recirculation  [略]EGR  

解説

燃焼排ガスの一部を燃焼用空気に混入して燃焼させ、火炎の最高温度を低下させることにより窒素酸化物の発生を抑制する技術。EGRと略称することもある。

排ガスを混入した燃焼用の空気は通常に比べて酸素濃度が低く、従って燃焼速度を遅らせることができ、火炎温度の上昇を抑えこれによりサーマルNOxの生成を抑制することができる。

自動車排気ガス中の窒素酸化物を低減し、燃費を向上させる技術として広く用いられている。また、ボイラーなどの固定発生源でもこの技術が適用されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト