一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 愛鳥週間

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

愛鳥週間

アイチョウシュウカン   【英】Bird Week  [同義]バードウィーク 

解説

毎年5月10日から16日の1週間。野鳥の保護を推進し、野鳥を大切にする気持ちを広めるために設けられた。各地で探鳥会や講演会が開催されるほか、愛鳥標語の募集、野生生物保護功績者の表彰などさまざまな行事が行われる。

愛鳥週間の起源は、1947年に「鳥類保護連絡会議」(当時の文部省・農林省・東京都・日本鳥学会・山階鳥類研究所・新聞社・放送関係などからなる会。後の財団法人日本鳥類保護連盟)が、アメリカの「バードデイ」にならって開催した「バード・デイのつどい」。同会議は、1946年にGHQ(占領軍総司令部)から「国民全般に鳥類についての正しい知識と愛護思想を普及するため、学校教育・社会教育に取り組んで欲しい」との提案を受けて組織された。当初は4月に開催されたが、1950年からは5月に変更。同時に、1日だった行事を1週間にした。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト