一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 エコラベリング制度

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

エコラベリング制度

エコラベリングセイド   【英】Environmental Labeling System  [同義]環境ラベリング制度  エコラベル  環境ラベル制度 

解説

環境保全に役立つ商品にマークをつけて国民に推奨する制度のこと。

現在OECD等での議論を通じて、世界各国に拡大しつつある。1978年に始められた旧西ドイツのブルーエンジェルというラベリング制度のほか、カナダの環境チョイスプログラム(1988)、日本のエコマーク(1989)、EUのエコラベル認証制度(1992)等がある。

1990年7月ベルリンで開かれた「環境保護ラベルに関する国際会議」には、26カ国、6国際機関が参加し、「環境保護ラベルに関するベルリン声明」が出された。

ISO規格では、ISO14020台が環境ラベルに関するものとなっている。この規格では、環境ラベルが正確かつ検証可能であること、貿易障壁にならないこと、科学的手法に基づくこと、ライフサイクルを考慮すること、技術革新を阻害しないこと等の原則を定めている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト