一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 土壌ガス調査

作成日 | 2003.12.03  更新日 | 2015.01.22

土壌ガス調査

ドジョウガスチョウサ  

解説

表層土壌中の(土壌粒子の間隙空間に存在する)気体(土壌ガス)を採取し、土壌ガス中に含まれる特定有害物質の量を測定する調査手法である。

土壌汚染対策法(2002)においては、揮発性有機化合物(第一種特定有害物質)による土壌汚染の簡便な調査に用いられており、試料採取区画では、まず土壌ガス調査が行われ、そこで有害物質が検出されたときは、ボーリングにより土壌溶出量の測定調査が行われる。(2014年9月改定)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト