一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 自動車グリーン税制

作成日 | 2003.11.11  更新日 | 2009.10.14

自動車グリーン税制

ジドウシャグリーンゼイセイ   【英】Automobile Green Tax  

解説

燃費効率がよく、排出ガス中のNOx(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)などの有害物質を低減した自動車の自動車税や自動車所得税を軽減するための制度。2001年度より2年間の特例措置として導入され、2003年度には排ガス中の有害物質を75%減らす車に限って1年間の延長をしていた。2004年4月以降、軽減の対象や適用期間が変更となり、優遇措置期間は2004年と2005年の2年となった。

減税分は、性能の劣る13年以上経ったガソリン車、11年以上のディーゼル車の自動車税を重くすることでまかなうこととしている。

国土交通省のまとめでは、新車登録の3台中2台が低公害車となるなど、急速な普及をみせており、10年間で1,000万台との目標を5年前倒しで達成できる見込みとしている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト