一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 BS7750

作成日 | 2015.01.23  更新日 | 2015.01.23

BS7750

ビーエス7750   【英】BS7750  

解説

1992年(平成4年)1月にイギリスの規格協会が策定した環境マネジメントシステムに関する規格。1970年代から、環境保全に対する意識の高まりを背景として、環境保全という目的を組織内において体系化するためのシステム(環境マネジメントシステム)が発展してきた。特に欧米の企業では、従来からの社会監査の流れを汲んで、環境管理環境監査についての取組が始められた。BS7750は、環境マネジメントシステムの先駆けとなったものである。

なお、EUでは、環境監査を中心に検討が進められていたが、BS7750の影響を受け、1993年7月に企業の自主的な取組としての「環境管理監査規則」(EMAS = Eco-Management and Audit Scheme)が作られ、1995年4月から実施適用されている。

また、世界共通の規格としては、国際標準化機構(ISO)による「ISO14001」(1996年9月)があるが、この規格は、基本的にはBS7750を継承しつつ、Plan(計画)、Do(実施)、Check(点検)、Action(経営者による見直し)といういわゆるPDCAサイクルで組み立てられている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト