一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境Q&A

硫化水素・・・ 

登録日: 2008年05月01日 最終回答日:2008年05月06日 健康・化学物質 その他(健康・化学物質)

No.27839 2008-05-01 11:34:32 ZWl8e32 風林火山

 私は小さな下水道処理施設の維持管理を主にしていますが(過去の質問や回答から私の仕事をご存知の方もおられると思います)その他マンホールポンプや、し尿処理場の受け入れ槽の清掃等危険な作業もしています。
 若い従業員達には酸欠や硫化水素による事故を未然に防ぐ為、やかましいほど教育しています。
 私だけでなく、教育的立場にある人がこれだけ気をつけていても全国のどこかで酸欠や硫化水素による事故で何人かが亡くなったと言うニュースを見てしまいます。
 その度に「明日はわが身」と安全に対する思いが一層強くなります。
 しかし、あろう事か私たちがこれだけ神経を使っている硫化水素を用いて自ら命を絶つ若者が後を絶ちません。
 硫化水素での自殺がニュースで流れる度、私たち業界の仕事が否定されているようでとてもつらいです。(もちろん他の方法であっても「自殺」がいたたまれないのですが)
 このサイトはやる気も向上心もある方々が利用されていると思いますのでそんな事を思っている人はいないと信じていますがあえて「生きろ」と活を入れておきます。

 質問でなくてすみません。ただ一言、若者に言いたかっただけです。近日中には締め切ります。

総件数 6 件  page 1/1   

No.27869 【A-6】

Re:硫化水素・・・

2008-05-06 19:35:56 BATA (ZWl5461

硫化水素による自殺の報道を見るたびに
「なんであんな死に方を選んだのか」と
残念になります。
もちろん、自殺すること自体、大変残念な
ことではあるのですが・・・

ネットという便利な道具ができた反面、
硫化水素の簡単な発生方法と、安易な口コミに
よる流布。
火鼠氏の言われるように、決して綺麗な死に様では
ないのに、「綺麗に楽に死ねる」だなんて・・・

下水道には関わっていませんが、環境関連の仕事を
していれば、暗渠に入る必要があったり、廃棄物の
処分場に入ったり、作業中に硫化水素に触れる
可能性の高い所での仕事もあります。

正しい知識により、一人でも犠牲者が減ることを
祈るしかないですね。
(というより自殺者が減るよう、祈らなければ・・・)

回答に対するお礼・補足

 ご意見ありがとうございます。
 そうですね、歯痒いですが我々としては祈ることしか出来ないのが現状です。
 でも、親父の逆襲?として自殺サイトなるものに乗り込んで何か書き込みしてやろうかと考えています。風林火山の名前は使いませんが・・・
 
 近日中に締め切りますと言いながら皆さんからの熱い回答が沢山寄せられるのでつい長引いてしまいました。
 一区切りつけるために一旦締め切りさせて頂きます。

No.27861 【A-5】

Re:硫化水素・・・

2008-05-04 19:26:32 火鼠 (ZWl8329

意図が読み切れてないかも。

硫化水素による自殺。 濃度がめちゃくちゃ高ければ。顔は、糜爛(腐った状態)目は白濁で、とても楽に死んだ風体ではないのでは?
ガスが足らなければ、後遺症(失明とか、半身不随とか)ガスがおお過ぎれば、他人の巻き添えとか。ガス爆発(硫化水素は、燃えます)。ガス発生中警察に連絡を〜。
ふざけるな〜。連絡したから、自分の責任は、軽いとなどと考えることが姑息。死ぬなら。ひとりでしね。
自然死以外。きれいな死顔はむずかしい。

ネット社会で、苦しまずに死ねるよ。なんて、意味不明の言葉にだまされる人が怖い。

また、酸欠はどこであるかを、(どこでもある)を割と理解してくれてないのが怖い

回答に対するお礼・補足

 お礼が遅くなりました。すみません。
 死に顔のことは私の頭の中には全くありませんでしたが火鼠様の言われるとおり天寿を全うして逝かれた方と違って見るに耐えない形相をしているのでしょうね。
 
 親や友達の言うことは全く聞かないのに、何故ネットで見ず知らずの人の言うことを真に受けてしまうんでしょうか?不思議でなりません。

No.27860 【A-4】

Re:硫化水素・・・

2008-05-04 05:31:01 たそがれ (ZWla61d

papa さんへ
ありがとうございます。
ずさんなのは自治体ではなく、委託された私どもの組織なのです。
貼り付けていただいた通達を参考に、組織に進言させていただきます。

風林火山 さんへ
お話の流れから下水道への認識についても対象とさせていただきましたが、風林火山さんの意図がすべてわからなかったわけではありません。
考え方にもよるでしょうが、何か殺伐とした切り捨ての時代になってきたような気もします。

では私たち大人はどうすればよいか・・・
職員に対しても、わが子に対しても(教え子に対してもかな)同じだと思います。A-2に書いたように愛情を降り注ぐことだと思います。
これについては甘い、とか方法論がなくてどうする、とかいろいろ反論される方もいると思いますが。
愛されているからこそ生きてくれ、というメッセージを送り続けるしかないのではないでしょうか。


回答に対するお礼は必要ありません。

No.27859 【A-3】

Re:硫化水素・・・

2008-05-03 21:19:39 papa (ZWl998

たそがれ様へ
ご指摘のような現場があることについては大変残念に思います。
5年ほど前ですが、雨水渠浚渫において犠牲者5名のいたましい事故がありました。その際には厚生労働省・国土交通省から自治体・関係業界に対して通達が出ています。
http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-43/hor1-43-5-1-0.htm
下水道維持管理指針にもかなりのページをさいて作業主任者選任、測定用具・換気装置の準備、濃度の測定などの記載があります
入孔時にDO計を使うなどは論外です。ポータブル濃度計を作業主任者が監視しながら作業者には装着型を持たせるのが私たちの常識ですが、ご回答のような自治体があるとすれば、維持管理指針や本省の通達を見ていただくようアドバイスをお願いします。

回答に対するお礼・補足

 papa様ありがとうございます。
 その事故は大きく載っていたので私もまだ覚えています。(通達は読んでませんが)
 
 たそがれ様へのお礼でも書いたのですが私が言いたかったのは安全に対する教育のあり方ではなく、不特定多数の自殺を安易に考えている人たちに「早まるな」ということだったのです。
 回りくどい書き方をしてしまったため要点が伝わらずご迷惑をおかけしました。

No.27855 【A-2】

Re:硫化水素・・・

2008-05-03 16:39:06 たそがれ (ZWla61d

風林火山 さんへ
まさか職員の自殺を心配しているわけではないでしょうが、風林火山さんのやかましいほどの教育は単なる安全教育ではなく、愛情そのものではないでしょうか。
愛されているからこそ命を大切にしてくれ、というお気持ちは伝わっているものと思います。
私もその姿勢を大切にしたいと思います。

papa さんへ
私も環境系のひとりです。
確かに現場を知らないがために反感を持っている人はいると思いますが逆に、ずさんな状況に困っています。
と言いますのは、下水管路の水質調査を市町村からよく受けるのですが、マンホールに降りてサンプリングをするときO2濃度の確認を、浄化槽法定検査で使っているハンディDO計のO2モードでやっているんです。
正式なものを買うように何度も注意しているのですが、組織そのものが酸欠に対して認識不足というか、大変心配しています。



回答に対するお礼・補足

 投稿ありがとうございます。
 私の文章の書き方がお粗末だった為papa様やたそがれ様に全て伝わっていないところがあるようなので補足させていただきます。
 私が言いたかったのは安易に自殺するなと言うことです。もちろん職場の安全、業界の安全は大切ですが今回はその人たちに伝えたかったのではなく、世の中の若者全員に対してです。
 硫化水素での事故を恐れ、事故を回避しようと一生懸命作業している人は沢山います。(当たり前ですが)
 一方でわざわざ硫化水素を発生させてまで自殺する人が多数現れました。
 ネットで硫化水素の作り方が簡単に手に入るようですが、もし今後誰かが検索したときにこのQ&Aにヒットしてこれを読んで思いとどまる人が1人でもいればいいなとの願いをこめて書いた次第です。
 毎年3万人以上が自殺しています。もうこれ以上増やしたくない、しかも我々の「敵」である硫化水素で。
 
 

No.27849 【A-1】

Re:硫化水素・・・

2008-05-02 20:13:43 papa (ZWl998

安全管理は最優先ですから気持ち的には全く同感。
処理場関係者にとっては日常的に注意喚起は全国共通と思います。場内の危険箇所の掲示や定期測定はもちろん、汚泥系のタンクなどではかなり神経を使うところです。
事務系職員を含めて二種主任者の資格は真先に取得するのを基本ルールにしています。
「だから下水道は危険」みたいなコメントをする半可通評論家が出現しないことを願っています。(汚水を扱う現場共通の危険要素ですが、環境系の人の中には現場を知らずに下水道に反感を持っている人が結構たくさんいますから)

> 硫化水素での自殺がニュースで流れる度、私たち業界の仕事が否定されているようでとてもつらいです。

公共インフラを維持する仕事はどんな仕事でも危険と隣り合わせと心得てますので、逆に仕事の大変さが利用者から評価されるきっかけになればと思います。

回答に対するお礼・補足

 愚痴を聞いて頂きありがとうございます。
 今朝、朝刊を開いたら今度は「硫化水素で殺人図る」という記事が大きく載っていました。
 とうとう殺人かよ。と更にへこみました。

 私は小さな処理場なので経験がないのですがpapa様は消化タンクのようなもっと危険な箇所も経験されていると思います。

 お互い今まで無事だったのは偶然だったのか必然だったのか分かりませんが、そう問われた時自信を持って必然と言える様、よりハイレベルの安全管理が必要ですね。



 

 

総件数 6 件  page 1/1