一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

東京ガス、日高市における「カーボンニュートラルのまちづくりに向けた包括連携協定」を締結

環境行政 まちづくり】 【掲載日】2022.05.17 【情報源】企業/2022.03.25 発表

 東京ガス株式会社、日高市、日高都市ガス株式会社は、「カーボンニュートラルのまちづくりに向けた包括連携協定」を締結した。

 2021年6月に改正地球温暖化対策推進法が施行され、脱炭素社会の実現に向け、地方自治体における取り組みが求められている。日高市においても、2021年2月に埼玉県西部地域まちづくり協議会構成5市(日高市・所沢市・飯能市・狭山市・入間市)として、2050年までに二酸化炭素の排出実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ共同宣言」を表明し、その取組を着実に進めてきた。

 同協定は、日高市、日高都市ガスおよび東京ガスの3者が相互に連携し、脱炭素社会に関する知見や技術を活用し、カーボンニュートラルのまちづくりを目指すもので、今後3者は、定期的な協議を通じ、具体的な実施内容を決定していく。

 協定における連携事項
  1. ゼロカーボンシティ実現に向けた取組のトータルコーディネートに関する事項
  2. エネルギーの地産地消に関する事項
  3. 低炭素エネルギーの調達や公共施設等への提供に関する事項
  4. エネルギーデータの活用等によるエネルギー最適化に関する事項
  5. 地域の防災機能強化等レジリエンス強化に関する事項
  6. 地域の目線で新しい価値や営みを創る価値共創に関する事項
  7. 学校等における環境エネルギー教育や食育等を通じた啓発活動に関する事項
  8. 各種取組における専門的人材の支援強化に関する事項
  9. その他日高市民のサービス向上に関する事項

 日高市、日高都市ガス、東京ガスは、本協定に基づき、カーボンニュートラルのまちづくりを含めたさまざまな分野で連携を強化し、脱炭素社会の実現に向けて継続的に取り組んでいく、としている。
【東京ガス株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース