一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

ドイツ 2030年の電力消費量推計値を公表

エネルギー その他(エネルギー)】 【掲載日】2021.11.26 【情報源】/2021.11.16 発表

 ドイツ連邦経済エネルギー省(BMWi)は、2030年までの電力消費量の推移に関して詳細な分析結果を公表した。ここでは、2030年の総電力消費量は、658テラワット時と試算されている。2021年7月に発表された速報値では、2030年の総電力消費量は645〜665テラワット時と算出されていた。今回の数値は、Prognos社が継続的に行っているシナリオ計算に基づいたものであり、気候保護法に定められてい2030年の目標値を考慮している。電力消費量の増加は、主に運輸部門と電気自動車の割合増加、建築物や暖房における電気ヒートポンプ、電解水素の生産、電池製造によるものとしており、電力効率の向上や、原子力や石炭の廃止による発電所の自家消費の減少が、電力消費量の増加を抑制しているとしている。
【ドイツ連邦経済エネルギー省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース