一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

ドイツ 褐炭採掘地域における持続可能な生態系づくりを支援する新たなプログラムを実施

環境学習 その他(環境学習)】 【掲載日】2020.11.20 【情報源】/2020.11.09 発表

 ドイツ連邦環境省(BMU)は、褐炭採掘地域における持続可能な生態系への取り組みを支援するため、新たに資金提供プログラムを実施することを公表した。これは、石炭使用の段階的廃止の影響を受けるラウジッツ、中央ドイツ、ライン川流域における自治体や大学、企業などを対象とするもの。土地や水域における近自然工法の導入、環境に配慮した持続可能な観光、地域における環境正義の強化に加え、ドイツ持続可能性戦略(DNS)を自治体でも実現するために、持続可能性の概念の強化、持続可能は発展を担当する職員の採用、市民参加を強化するためのネットワーキングのためのアイデアが支援される。また、若者の意識改革と参加の強化(エンパワーメント)、市民科学(シチズン・サイエンス)、持続可能性に関連したコンテストやキャンペーンといった育成・文化的なプロジェクトも支援の対象となる。12月にはウェビナーを通じて、同プログラムの詳細情報が提供される。
【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース