一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

国際再生可能エネルギー機関、化石燃料高騰下で再生可能エネルギーはコスト競争力を維持と報告

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2022.08.01 【情報源】国際機関/2022.07.13 発表

 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は報告書「2021年の再生可能エネルギー発電コスト」で、2021年に再生可能エネルギー(再エネ)の発電コストは引き続き低下した(陸上風力は前年比15%減、洋上風力と太陽光は13%減)と発表した。供給網の問題や物価上昇はあったものの、事業コストへ完全には転嫁されていないという。G20諸国で2021年に導入された再エネの約3分の2(163ギガワット)の発電コストは最も安価な石炭火力発電を下回った。IRENAの試算では、現在の化石燃料高騰を考慮すると、2021年に導入された再エネにより、2022年の世界のエネルギー生成コストを約550億ドル節約できる。原材料費の高騰が続けば2022年は価格上昇圧力が一層顕著となるが、再エネは全体的にコスト競争力が高まっており、化石燃料と比べ小幅な価格上昇に留まる可能性があるという。
 IRENA事務局長は、「もし現在のエネルギー危機が続いても、再エネは化石燃料の価格・輸入の不安定性から経済を開放し、エネルギー価格を抑え、市場の回復力を強化する」としている。
国際再生可能エネルギー機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース