一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

国際エネルギー機関、ソーラーパネルサプライチェーンの課題を指摘する報告書を発表

エネルギー その他(エネルギー)】 【掲載日】2022.07.26 【情報源】国際機関/2022.07.07 発表

 国際エネルギー機関(IEA)は、ソーラーパネルサプライチェーンの課題を指摘する初の特別報告書「世界の太陽光発電システムサプライチェーン」を発表した。報告書は、生産拠点はこの10年間に日米欧から中国に移動し、現在は過度に中国に集中すると指摘する。主要素材の中国のシェアは80%を超え、特にポリシリコン、インゴット、ウエハーは近々に95%を超える勢いである。2021年にCOVID-19の蔓延と物価上昇がソーラーパネルの供給遅延と不足、価格の20%上昇をもたらしたように、偏在はリスクである。
 2050年までにCO2排出実質ゼロを達成するためには、2030年までに太陽光発電容量の4倍増が必要で、そのためにソーラーパネルサプライチェーンの拡充、多様化、リスク軽減が必須である。ソーラーパネル部門は2030年までに1200億ドルの投資を呼び込み、雇用を倍増させる。報告書は、各国政府は協力してソーラーパネルサプライチェーンの脆弱性評価を行い、排出実質ゼロへの過程におけるサプライチェーンの安全保障を重視すべきとする。
国際エネルギー機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク