一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

第53回ガンカモ類の生息調査(全国一斉調査)の結果発表(速報)

自然環境 野生動植物】 【掲載日】2022.06.07 【情報源】環境省/2022.06.06 発表

 環境省は、ガンカモ類の冬期の生息状況把握のため、各都道府県の協力の下、1970年からガンカモ類の生息調査(全国一斉調査)を実施している。
 国や自治体における野生動物保護管理行政(鳥獣の保護管理、希少種の保全、外来種鳥インフルエンザ対策等)に効果的に活用されることを目的とし、原則として2022年1月16日(日)を基準日とした前後1週間に実施した。
 調査地:ガンカモ類の生息地となっている全国約8,800地点の湖沼等となる。
 全地点のうち約6,300地点でガンカモ類が観察され、そのうちハクチョウ類は約610地点、ガン類は約140地点、カモ類は約6,200地点で観察された。
 全国での観察数は、ハクチョウ類(4種)約7万6,000羽、ガン類(7種)約21万4,900羽、カモ類(30種)約150万5,000羽であり、これらの総数は約179万6,000羽であった。
 今回の集計結果は暫定値であり、現在行っているデータ精査の結果を踏まえて8月頃を目途に確定値を取りまとめる予定。

 今回の暫定値、過去の調査の確定値は下記のサイトで確認可能。
 環境省生物多様性センター ガンカモ類の生息調査 調査成果物
  https://www.biodic.go.jp/gankamo/gankamo_top.html
 
【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク