一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

パナソニック、2050年に向けた世界のCO2排出に対する削減インパクトの目標を発表

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2022.06.10 【情報源】企業/2022.04.01 発表

 パナソニックグループは、2050 年に向けて、グループのバリューチェーン全体のCO2排出量 実質ゼロと、現時点の全世界のCO2総排出量約330億トンの「約1%」にあたる3 億トン以上の削減インパクトを目指すことを発表した。

 新たな環境長期ビジョンでは、CO2削減をめざすべき対象範囲や削減貢献方法・時間軸の違いにより4つのインパクトを区分し、目標を定めている。
 パナソニックグループは、自社のCO2排出を減らし、くらしやビジネスにおける CO2削減に貢献する様々な活動のインパクトを広げることで、社会と共にカーボンニュートラルを目指していく。

 @ グループのバリューチェーンにおける排出削減インパクト
 A 既存事業による社会への排出削減貢献インパクト
 B 新技術・新事業による社会への排出削減貢献インパクト
 C 社会のエネルギー変革に対する波及インパクト
これらを合わせて、社会と共にCO2排出量3億トン以上の削減インパクトを目指していく、としている。
【パナソニック ホールディングス株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク