一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

東京ガス、富士フイルム、南足柄市と「脱炭素社会の実現に向けた包括連携協定」を締結

エネルギー その他(エネルギー)】 【掲載日】2022.05.19 【情報源】企業/2022.03.29 発表

 東京ガス株式会社、富士フイルム株式会社、神奈川県南足柄市は、エネルギー利用者とエネルギー事業者、そして地方自治体が協働し、ものづくりにおけるカーボンニュートラルモデルを創り出す先進的な取り組みを推進するため「脱炭素社会の実現に向けた包括連携協定」を三者で締結した。

 富士フイルム、東京ガス、南足柄市の三者は、これまで持続可能な社会の構築に欠かせない気候変動問題に積極的に取り組んできた。同協定は、2040年までに自社が使用するエネルギー起因のCO2排出を実質的にゼロにすることを目標に掲げ、環境負荷の少ない新たな生産活動を追求する富士フイルムと、メタネーションや水素をはじめとする最先端の脱炭素化技術を保有する東京ガス、そして、カーボンニュートラルの実現に向け、市内のCO2削減を加速させる南足柄市の三者が協働し、ものづくりにおけるカーボンニュートラルモデルの確立を目指す。

 さらに、三者は、同協定のもと、カーボンニュートラルなまちづくりやエネルギーの地産地消等さまざまな項目で連携していく。今後、近隣企業や自治体をはじめとした協業パートナーを増やしていくことも視野に、地域単位での脱炭素社会の実現に向け取り組んでいく。
 東京ガスは、グループ経営ビジョン「Compass2030」で「CO2ネット・ゼロ」への移行をリードすることを掲げ、トランジションエネルギーとして期待されるLNG・天然ガスと再生可能エネルギーを組み合わせた低・脱炭素化への着実な移行を社会的使命として取り組んできた。
 同協定は、顧客である富士フイルム、地方自治体である南足柄市との価値共創により、熱分野の脱炭素化を目指す大変意義深い取り組みとなる。東京ガスグループは、今後もガス・電力の脱炭素化等の取り組みを進め、顧客・社会・ビジネスパートナーと多様な価値を創出・提供し、脱炭素社会の実現に貢献していく、としている。
【東京ガス株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク