一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

生物多様性条約、ポスト2020枠組について、さらに検討のため2022年6月にナイロビで会合と発表

自然環境 生物多様性】 【掲載日】2022.04.14 【情報源】国際機関/2022.03.29 発表

 生物多様性条約(CBD)は、2022年3月14〜29日に開催された生物多様性条約ジュネーブ会合の結果を発表した。期間内に、ポスト2020世界生物多様性枠組に関するオープンエンド作業グループ(WG2020-3)、科学技術助言補助機関(SBSTTA24)、実施に関する補助機関(SBI3)の会合が開催された。ポスト2020枠組は成案を得られず、新たに2022年6月にナイロビでの会合を設定し、さらに検討することとなった。また、デジタルシークエンス情報(DSI)の課題や利益配分の仕組みに関する文書が作成された。SBSTTA24では、海洋・沿岸生物多様性、土壌生物多様性外来種、健康と生物多様性の関係、合成生物学、遺伝子組換え生物などに関する提言が採択された。SBI3では、進捗評価、資源動員・資金メカニズム、能力構築、計画・報告・検討の向上、主流化、ジェンダー行動計画、コミュニケーション(広報・啓発)・協力等に関する提言及びカルタヘナ議定書名古屋議定書の実施に関する提言が合意された。
生物多様性条約】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース