一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

ドイツ 西部アルゴイ地域における自然保護プロジェクトを支援

自然環境 生物多様性】 【掲載日】2022.04.01 【情報源】ドイツ/2022.03.07 発表

 ドイツ連邦環境消費者保護省(BMUV)は、全国に30ある生物多様性ホットスポットの一つとして、今後、貴重な生息空間が存在する西部アルゴイ地域を特別に保護していくことを公表した。自然保護団体NABUバーデン・ヴュルテンベルグ支部が実施するプロジェクトに約400万ユーロ拠出し、生物多様性の保全と強化のため、湿原の再自然化、湿地の連結、地元関係者のネットワーク化を進めていく。レムケ連邦環境大臣は、「湿地保護、湿原の再自然化により希少で絶滅の危機に瀕した動植物の生息地を守るだけでなく気候も保護する。西部アルゴイ地域では、高地や低地の湿原、草原、森林などの固有の景観を保護していく。そのためには、関係者をネットワーク化し、種と気候の危機に対して地域で行う対策について視点を示すことが求められる」と述べた。
【ドイツ連邦環境消費者保護省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース