一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

世界気象機関、ラニーニャ現象は、2022年3〜5月の間、中程度の可能性で継続と発表

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2022.03.16 【情報源】研究機関/2022.03.01 発表

 世界気象機関(WMO)は、「エルニーニョ/ラニーニャ現象アップデート2022年2月」を発表した。2021年後半に発生したラニーニャ現象は、2022年3〜5月の間、中程度の可能性(約65%)で継続する。現象が弱まってENSO(エルニ−ニョ・南方振動)中立となる可能性は35%、エルニーニョ現象の可能性はほとんどゼロである。太平洋赤道域の海面水温は中部から東部で平均より低く(-0.5〜-1.0℃)、大気の状態はラニーニャ現象に整合する。2022年4〜6月の間に、ラニーニャ現象が継続する可能性は40〜50%まで低下を続け、同時にENSO中立となる可能性が上昇し(50〜60%)、ラニーニャ現象は終息すると予測される。
 WMOは、エルニーニョラニーニャ現象は、気候パターンの変動の唯一の要因ではなく、ENSO指数の値はその影響の大きさを直接に示すものではないと注意を促し、地域レベルの季節予報では、ENSOの状況とあわせてそのほかの地域的要因の評価が欠かせないとしている。
世界気象機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース