一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

既存インフラ等を活用した再エネ導入促進セミナーをオンライン開催

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2022.01.25 【情報源】環境省/2022.01.24 発表

 環境省は、「既存インフラ等を活用した再エネ導入促進セミナー -地域における再エネの取組の推進-」をオンラインで開催する。
 温室効果ガス排出量の削減目標を達成するためには再生可能エネルギーの更なる普及拡大が不可欠。
 水力発電は再生可能エネルギーの中でも安定的な電力供給を長期にわたって行うことができる重要な電源として期待されている。また、今後の再生可能エネルギー大量導入に向けた系統制約や調整力の観点から、水力発電を柔軟性資源と捉えることで、より効果的な活用が期待されるところ。
 このセミナーは、既存砂防堰堤や既存ダムを新たな視点で捉えることで水力発電の最大限の普及を図り、また従来使われてこなかった河川付近のバイオマス資源の利活用を図ることで、より一層の脱炭素化の取組を促進すること目的として開催する。

 日時:令和4年2月24日(木) 13:00〜16:45
 開催方法:オンライン会議
 対象:主として既存ダムや砂防堰堤における水力発電事業やバイオマス関連事業を実施する、又は関心のある自治体、民間企業
 定員:500名
 参加には事前登録が必要。


【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース