一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

ファミマ、スープ容器を一体化容器に変更し年間約39tの石油系プラスチック削減へ

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.12.07 【情報源】企業/2021.10.25 発表

 株式会社ファミリーマートは、2021年9月の創立40周年チャレンジ「40のいいこと!?」に取り組んでおり、このほど、「40のいいこと!?」の5つのキーワードの1つである「食の安全・安心、地球にもやさしい」に加え、「ファミマecoビジョン2050」の一環として、「7種野菜ともっちもち餃子の春雨スープ」369円(税込398円)など、スープの容器を一体化容器(プラスチック/紙)に変更し、2021年11月2日(火)より全国のファミリーマート約16,600店で順次発売。
 同社は、2020年2月に「ファミマecoビジョン2050」を策定し、持続可能な社会の実現に貢献するため、2030年及び2050年に向けた中長期目標として、「温室効果ガス(CO2排出量)の削減」、「プラスチック対策」、「食品ロスの削減」の3つのテーマに基づき数値目標を設定。
 その一環として、スープ容器の本体を一体化容器(プラスチック/紙)にするとともに、蓋の材質・材厚を変更することにより、石油系プラスチックを従来品より1食当たり約15%削減し、年間約39tの削減を見込んでいる。

【株式会社ファミリーマート】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース