一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)第23回政府間会合の結果発表

地球環境 その他(地球環境)】 【掲載日】2021.11.30 【情報源】環境省/2021.11.29 発表

 環境省は、東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)の第23回政府間会合が2021年11月24日(水)〜25日(木)にWeb開催されたと発表した。
 EANETの活動範囲を、従来の酸性雨から、より広範な大気汚染問題に拡大するための運営規程などについて、承認された。
 これにより今後EANETは、酸性雨に関連してモニタリング等を実施していたSOx、NOx、PM等の対象物質に、CO、VOCs、DSS(黄砂)等を加え、東アジアで顕在化している大気汚染の課題に広く対応することが可能となった。
 なお、今年はEANET設立20周年に当たることから、26日(金)には記念イベントとして、20周年記念式典及び科学と政策に関する対話(「The 20th Anniversary of EANET and the Science & Policy Dialogue」)が開催された。

 EANETの参加国は次の13か国。
  日本、カンボジア、中国、インドネシア、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、韓国、ロシア、タイ、ベトナム

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース