一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

(仮称)秋田県八峰町及び能代市沖洋上風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

環境一般 環境アセスメント】 【掲載日】2021.11.19 【情報源】環境省/2021.11.18 発表

 環境省は、「(仮称)秋田県八峰町及び能代市沖洋上風力発電事業計画段階環境配慮書」(東京電力リニューアブルパワー株式会社)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。

 この事業は、秋田県能代市及び山本郡八峰町の沖合において、最大で出力396,000kWの風力発電所を設置するもの。

 環境大臣意見では、
 (1)想定区域の周辺には、複数の住居及び福祉施設その他の環境の保全について配慮が特に必要な施設が存在することから、稼働時における風車の影による生活環境への影響を回避又は極力低減すること、
 (2)風力発電設備への衝突事故や移動の阻害等による鳥類への影響を回避又は極力低減すること
 等を求めている。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース