一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

福岡市、再生可能エネルギー由来電力共同購入EE電(いいでん)を実施

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2021.11.18 【情報源】地方自治体/2021.10.28 発表

 福岡市は、脱炭素社会の実現に向けて、再生可能エネルギーの利用促進に取り組んでいる。市民に環境にやさしい再エネ電気に関心を持ってもらうきっかけとして再エネ電気の共同購入事業EE電(いいでん)を実施すると発表した。
 EE電(いいでん)では、太陽光や風力など、再生可能エネルギー「100%」と「30%以上」の2つのプランから選ぶことができる。
 また、EE電事務局が、「オークション方式」で、最もおトクな再エネ電気を提供する電力会社を選び、参加者が多く集まるほど、スケールメリットを活かした、割安な電気料金プランが掲示される仕組みになっている。

 <選べる自然の電気プラン>
  @太陽光や風力など、再生可能エネルギー「100%」プラン
  A太陽光や風力など、再生可能エネルギー「30%以上」プラン
  ※再生可能エネルギー由来の電気が含まれる比率を表しています。

 対象:福岡市内の家庭・商店・小規模オフィス
 参加登録期間:令和3年10月28日〜令和4年2月28日
【福岡市】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク