一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

SGホールディングス、産業廃棄物の管理業務の一元化でリサイクル率の促進と回収車両の抑制を実現

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.11.09 【情報源】企業/2021.09.29 発表

 SGホールディングスグループでロジスティクス事業を展開する佐川グローバルロジスティクス株式会社は、2021年1月から関東の自社物流施設24拠点から排出される産業廃棄物の管理業務を本社に一元化し、マニフェスト(産業廃棄物管理票)電子化による法令順守への体制強化や事務作業の効率化を図るとともに、リサイクル率の促進や見える化、回収車両の抑制を実現した。
 今回の取り組みでは、各拠点が個別に実施していた廃棄物処理業者の選定や廃棄物管理業務を本社に一元化。また、廃棄物として処理していた備品類のリユース、各拠点に新たに細分化したリサイクルステーションの設置、従業員に対する分別のレクチャーなど、様々な取り組みを同時に実施することで、リサイクル率を約95%にまで高めました。さらに、管理業務を本社で一括することで今まで各拠点で手配していた廃棄物回収車両を集約し、各拠点間の産業廃棄物のミルクラン回収が可能になった。これにより使用する車両台数を削減することが可能となり、CO2排出の抑制にもつながっている。
 現在、同社では全国に順次エリア拡大を進めており、2021年度はリサイクル率の向上に加え、廃棄物の総量を前年比で約60トン削減する目標を設定している。
【SGホールディングス株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク