一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

福岡市、福岡都市圏 海洋ごみ問題シンポジウムを開催

地球環境 海洋汚染】 【掲載日】2021.11.08 【情報源】地方自治体/2021.10.22 発表

 福岡市は、海洋ごみ問題の解決には、河川・海を共有する市民・企業・行政が自治体の境を越えて協力していくことが必要だとしている。
 そこで、ラブアース・クリーンアップ福岡地区実行委員会、福岡都市圏広域行政推進協議会では、国連ハビタット福岡本部と協力し、福岡都市圏(17市・町)の住民を対象にした海洋ごみ問題シンポジウムを令和3年11月29日に開催する。
 当日は糸島市役所と福津市役所で会場の様子を中継する。また、シンポジウムの様子はYouTube Liveでも配信される。

 <出演講師、講演内容>
 「世界からみた海洋ごみ問題」
  国際連合人間居住計画(ハビタット)福岡本部 本部長補佐官 星野 幸代 氏

 「福岡都市圏はアジアの海洋ごみ問題解決のホットスポット 〜九州・福岡の海洋ごみ問題とその発生源〜」
  九州大学大学院工学研究院 准教授 清野 聡子 氏

 「今日からあなたも!海を伝える現場から〜福岡での海洋ごみ問題への取組み〜」
  一般社団法人ふくおかFUN 代表 大神 弘太朗 氏

 開催日時:令和3年11月29日 13時30分から15時(13時 受付開始)
 開催場所:アクロス福岡 7階 大会議室
【福岡市】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク