一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

ドイツ サーキュラーエコノミー規格化ロードマップの策定に向け始動

環境行政 その他(環境行政)】 【掲載日】2021.10.01 【情報源】ドイツ/2021.09.15 発表

 ドイツ連邦環境省(BMU)は、ドイツ規格協会(DIN)共同で、「サーキュラーエコノミー規格化ロードマップ」の策定に取り組むことを公表した。これは、サーキュラーエコノミーにおける規格化の現状を示し、主要トピックにおける課題を整理し、今後、規格化を導入していくための具体的な対策を策定することを目的としている。主要トピックには、EUの循環型経済行動計画に基づき、「電子機器・ICT」、「バッテリー・自動車」、「容器包装」、「プラスチック」、「繊維」、「建設・ビル」、「食品」が挙げられている。2022年1月以降、経済界、学術界、公共、市民から代表者を集め、7つのワーキンググループを設置し、議論していく。
 【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース