一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

フランス、使い捨てプラスチック包装の2025年までの削減目標を公表

ごみ・リサイクル リサイクル】 【掲載日】2021.05.24 【情報源】フランス/2021.05.04 発表

 フランス政府は使い捨てプラスチック包装の削減目標を定めた3R(リデュースリユースリサイクル)政令を公表した。2020年2月に可決された、廃棄物や資源の浪費を削減し循環型経済をめざす法律(Loi anti-gaspillage)では、2040年までに使い捨てプラスチック包装から脱却するため、5年ごとの削減目標を定めることとしていた。今回の政令は最初の5年間である2025年までの目標を定めたもので、使い捨てプラスチック包装について
 1)20%削減する(削減分の半分以上は再利用によること)
 2)特に「不要な」ものは100%削減をめざす
 3)100%リサイクルをめざす(そのため、包装はリサイクル可能で、分別・リサイクルに混乱をきたさず、再使用の障害となる物質を含まないものとする)【フランス環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース