一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

サントリー、2050年温室効果ガス排出の実質ゼロに向け2030年までにGHG排出量を50%削減

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.04.30 【情報源】企業/2021.04.20 発表

 サントリーグループは、「環境目標2030」を改定し、「自社拠点でのGHG排出量を50%削減」「バリューチェーン全体におけるGHG排出量を30%削減」を目指している。この目標達成に向け、推進施策として、企業内部でGHGに価格を独自に設定し、GHG排出削減を促進する内部炭素価格をグループ各社に順次導入することを決定した。
 また、国連グローバル・コンパクト、SBTイニシアチブ、We Mean Businessが主催する温暖化による世界の気温上昇を1.5℃に抑える目標づくりを呼び掛ける「Business Ambition for 1.5℃」に賛同し、署名した。
【サントリーホールディングス株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース