一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

カナダ政府、マニトバ州のエネルギー効率化プログラムに助成

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2021.02.17 【情報源】カナダ/2021.01.29 発表

 カナダ環境・気候変動省は、低炭素経済リーダーシップ基金から、マニトバ州のエネルギー効率化プログラムに約3230万ドル助成すると発表した。同州が設立した政府系機関「エフィシェンシー・マニトバ(Efficiency Manitoba)」がプログラムを実施する。エネルギー高効率設備の設置や改修に費用の割引など経済的インセンティブを提供し、天然ガスの使用と温室効果ガス排出を削減する。住宅部門では、断熱、スマートサーモスタット、炉及びボイラーの改修などに、商業・産業・農業部門では、暖房や加工熱供給設備、建物外面の改修などに資金と情報を提供する。同プログラムによって、マニトバ州は1800人分の雇用を創出し、温室効果ガス排出を2030年までに累積で約48万8000トン削減できると見込む。低炭素経済リーダーシップ基金は、同国の気候行動計画の柱である。同基金からマニトバ州は最大6680万ドルが割り当てられており、2020年3月にはトラック効率化プログラムのため590万ドルの援助を受けた。
【カナダ環境・気候変動省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース