一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

アメリカエネルギー省、プラスチックリサイクル技術のイノベーション促進のためのロードマップ案を発表

ごみ・リサイクル リサイクル】 【掲載日】2021.02.04 【情報源】アメリカ/2021.01.19 発表

 アメリカエネルギー省(DOE)は、「プラスチックイノベーションチャレンジ」のロードマップ案を示し、政府機関、産業界、研究機関等利害関係者に情報提供を要請した。2019年に発表された「プラスチックイノベーションチャレンジ」は、分解、アップサイクル、リデザイン(リサイクルしやすい製品設計)などのプラスチックリサイクル技術のイノベーションを加速するための包括的プログラムで、新技術の研究開発と市場展開を支援する。ロードマップ案は、既存リサイクル技術の限界を含めプラスチック廃棄物問題の現状を示し、課題とその解決のために必要な研究分野を特定し、DOEの研究開発助成につなげる。課題ごとに短期、中期、長期の達成目標を示した。また、ロードマップ案は、関連部局の取組を整理してDOEのプラスチック廃棄物対策を系統だてて示す統一文書としての役割も果たす。情報提供の期限は、2021年3月1日である。
【アメリカエネルギー省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース