一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

国際エネルギー機関、サハラ以南のアフリカ初のエネルギー効率研修週間を開催

環境学習 その他(環境学習)】 【掲載日】2019.10.31 【情報源】国際機関/2019.10.14 発表

 国際エネルギー機関(IEA)は、2019年10月14〜17日に南アフリカ共和国のプレトリアで、サハラ以南のアフリカにおける初のエネルギー効率研修週間を開催する。33か国から150人の政策決定者が参加し、効果的なエネルギー効率化に必要な知識と技能を修得する。研修週間の始めでは、サハラ以南のアフリカにおけるエネルギー効率化の機会と将来性を概観し、その後建物、設備、産業、都市におけるエネルギー効率に関する講座に進み、研修週間後半では豊富なデータと指標を用いて効率化を進める戦略に焦点が当てられる。南アフリカ共和国は2018年11月にIEAのアソシエーション国となり、アフリカ大陸でエネルギーアクセス、安全保障、クリーンエネルギーへの移行を進める重要なパートナーと位置付けられている。今回はIEAの「新興経済国におけるエネルギー効率(E4)」プログラムに基づく12回目の研修週間となり、次回は2020年春にベトナムで開催を予定している。【国際エネルギー機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース