一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

アメリカ政府、2015年度に環境教育と環境スチュワードシップに貢献した教師・生徒を表彰

環境学習】 【掲載日】2016.08.31 【情報源】アメリカ/2016.08.16 発表

 アメリカ大統領府環境諮問委員会と環境保護庁(EPA)は、学校の環境教育に貢献した教師18人と、環境スチュワードシップ(管理)に率先して取り組んだ生徒63人を、それぞれ「環境教育者のための大統領イノベーション賞(PIAEE)」「大統領環境青年賞(PEYA)」の受賞者として発表した。PIAEEは、体験学習を用いて授業に環境教育を組み込んだ教師に贈られ、地元の交響楽団と協力して自然からインスピレーションを得て作曲するプログラム、カブトガニを育てるプログラム、露天掘炭鉱がサンショウウオの多様性に及ぼす影響調査、職場体験プログラムや台湾の学校との国際交流の起ち上げに尽力した教師などが受賞した。PEYAは第12学年(高校3年)までの環境スチュワードシッププロジェクトを実施した生徒に贈られ、環境に優しい肥料の開発、地元の生息地の復元と保全、リサイクル廃棄物削減の推進、太陽光パネルの導入効果の分析、新たな水汚染軽減法の研究、雨水量と洪水リスクの分析に取り組んだ生徒などが受賞した。

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース