一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

国連 世界気候変動週間がスタート

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2009.09.25 【情報源】国連/2009.09.19 発表

 第1回目の世界気候変動週間が、9月19日、ドイツ・ハンブルグでのイベントを皮切りにスタートした。オープニング式典はハンブルグのヨーロッパ通りで開催され、地球温暖化の影響を示す展示が行われた。同市では、1週間のうちに60件以上のイベントが予定されている。
 この他、ニューヨーク、コペンハーゲン、メキシコシティ、ナイロビなども世界気候週間(9月21〜25日)に参加する。1週間の予定は、以下のとおり。
●9月19日 世界植樹運動:9月19日からの1週間で植えられた木、または植樹を約束された木に、12月の第15回気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)での合意を目指すキャンペーン(「協定に合意を(Seal the Deal!)」)のメッセージを掲げる。
●9月21日 気候変動会議の日:世界各国の青少年が参加し、気候変動対策を支持する会議を開催。
●9月22日 「協定に合意を」グリーン・デー:国連のパンギムン事務総長の主催する、気候変動に関する首脳会議がニューヨークで開幕。緑色のものを身につけて、COP15での合意に向け、支持と連帯を示そう。
●9月23日 気候ニュートラル(気候中立)の日:気候変動に関する合意への支持を個人的に表明するため、気候中立な1日にしよう。
●9月24日 気候への意見の日:イベントやインターネット上の活動で、世界中の人々が、気候変動に関する意見を伝え、気候変動対策で活躍している人々、気候変動の被害者に目を向けられるようにする。
●9月25日 気候ソリューション(解決策)の日:気候変動を食い止めるために、日常の習慣を変え、対策を実施するのに遅くはない! 革新的な環境技術を「協定に合意を」のウェブサイトで示そう。
【UNEP】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ