一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

光触媒でウイルス水際対策 新千歳空港で実証実験開始

環境一般 調査/研究】 【掲載日】2009.06.17 【情報源】経済産業省/2009.06.17 発表

 経済産業省と国土交通省は、光触媒(紫外線等を吸収して有機物を分解する物質)によって、インフルエンザ等の感染症の原因となるウイルスを不活性化する技術の大規模実証実験をNEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)事業として新千歳空港で行うと発表。
 今回の実験は、大きな社会不安をもたらす新型インフルエンザ等からの脅威を水際で低減させるため、光触媒を活用し、ウイルスの不活性化を実証することを目的とするもの。
 実際の生活空間で存在すると想定したウイルスや一般細菌に対する不活性化効果の評価するモデル実験を行うとともに、新千歳空港の国内線出発ターミナルにおいて、空中浮遊菌のモニタリングエアロゾルの計測等を行って空港に存在している一般細菌の光触媒による低減効果を評価し、モデル実験の結果と組み合わせることで光触媒を用いたウイルス対策の有効性を検証する予定。【経済産業省】【国土交通省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク